【RAV4カスタム】RAV4にオススメのカスタムまとめ!カスタム総額250万円以上!

2020年3月20日にRAV4アドベンチャーを購入してから、様々なカスタムに挑戦してきました。

オーディオのカスタム、海外部品の取り付け、様々な部品をDIYで取り付けてきました。

カスタムをして一番良かった点は、愛着が湧いた事です。

今までは、1年以内に車を乗り換えてきましたが、ようやく長く乗りたいと思う一台に出逢えた事が大きな変化です。

まだまだ、カスタム出来ていない所も沢山ありますが、これまで行ってきたRAV4にオススメのカスタムを纏めて紹介しようと思います。

最後に、総額も公開しようと思いますので最後まで読んで頂けると嬉しいです。

RAV4オーナーの方、カスタムが好きな方、RAV4購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

目次



購入した新型RAV4のオススメのグレードや車両価格を紹介!

今回購入した新型RAV4のグレードを紹介します。

今回は私が購入したRAV4のグレードは、『Adventure』グレードで車両本体価格は3,195,500円です。

アドベンチャーを選んだ理由は、見た目がゴツゴツしてカッコ良かった事と、高い走破性と安定した操作性を兼ね備えた『ダイナミックトルクベクタリングAWD』を搭載していた点に魅力を感じて購入を決めました。

また、アドベンチャー限定のシートから冷たい送風が出る『シートベンチレーション』の魅力の一つです!

最新の性能がギュッと詰まって、見た目もカッコいいRAV4アドベンチャーは非常にオススメです!

新型RAV4アドベンチャーにオススメのメーカーオプションを紹介!

今回新型RAV4アドベンチャーに採用したオススメのメーカーオプションを紹介します。

◆インテリジェントクリアランスソナー 28,600円

こちらは、前後のセンサーによって駐車時などに障害物に衝突しない様に、ブザーとブレーキでサポートしてくれる安全性能です。このオプションは絶対あった方が便利です!

◆バックカメラ 27,500円

その名の通り、バック時に使用するカメラです。ナビ専用のバックカメラもありますが、純正品の方が一体感がありオススメです。連動出来る社外ナビも多いです。

◆リアクロストラフィックオートブレーキ+BSM 68,200円

こちらは駐車場からバックで出ようとした時に、接近してきた車をドアミラーインジケーターとブザーでお知らせしてくれる機能です。

私は、駐車時に前から突っ込む事はしない為、あまり必要ありませんでしたが、上記を付けると付いてくる『BSM』ブラインドスポットモニターがどうしても欲しかった為、採用しました。

ブラインドスポットモニターは、走行時に左右の車を検知し、ミラーにあるインジケーターでお知らせしてくれる機能です。これにより、死角で見えない場合でも気付くことができる為、事故防止に繋がります。一度体感すると手放せない機能です。

◆快適温熱シート+シートベンチレーション+本革ステアリングホイール(ヒーター付き) 81,400円

こちらは、シートヒーターとステアリングヒーターとシートベンチレーションがセットになったお得なオプションです。

特にシートベンチレーションは、アドベンチャー専用のオプションで夏場の暑い時に、シートから送風が出て快適に過ごせるオススメの新機能です。

また、こちらを選択する事でステアリングが本革仕様になる為、見た目の高級感もアップしますのでオススメです。

◆ハンズフリーパワーバックドア 77,000円

こちらは、荷台ドアを電動で開ける様にする為のオプションです。

それだけではなく、両手が塞がっている時でも車両の下に足を入れると自動でドアが開く便利機能も備わっています!沢山の買い物をした時などは非常に便利です。

以上が、私がRAV4アドベンチャーに選択したメーカーオプションで総額は282,700円となります。



RAV4アドベンチャーの車両本体価格とオススメのメーカーオプションの総額を紹介!

RAV4アドベンチャーの車両本体価格とオススメのメーカーオプションの総額を紹介します。

※下記は、税抜き価格で値引きは含みません。

RAV4アドベンチャーの値引き等の詳細はこちら!

◆RAV4アドベンチャー車両本体価格 3,195,500円

◆メーカーオプション総額 282,700円

◆諸経費 211,200円

車両本体価格とメーカーオプションと諸経費の総額は3,689,400円となりました。

【失敗談】RAV4に付けておけば良かったメーカーオプションを紹介!

購入後、後になってから付けておけば良かったなと思うメーカーオプションがいくつかあった為、紹介します。

今後購入される方は参考にしてみて下さい。

◆デジタルインナーミラー 

デジタルインナーミラーは、車両後方のカメラを設置し、そのカメラで投影した映像をセンターミラーに映し出してくれる機能です。

RAV4に多くの荷物を積む事も多く、通常のミラーだと荷物が邪魔で後方確認が出来ません。

このオプションはあって損はありません。

◆パノラマムーンルーフ

パノラマムーンルーフは、天井に窓を設置し開放感ある空間にしてくれる機能です。

窓も開閉式の為、爽やかな風が車内に入ってきます。

アウトドアをする時や車内での休憩時など、パノラマムーンルーフがあれば開放感が増し、リラックス出来ます。

売却時のリセールも高くなる為、非常にオススメのオプションです!

以上が、私が後で付けておけば良かったなと思うメーカーオプション達です。

RAV4アドベンチャーに取り付けた、オススメのディーラーオプションを紹介!

次に、RAV4に付けたディーラーオプションを紹介します。

◆インテリアイルミネーション2モードタイプ ブルー 24,200円

こちらは、足元をブルーのライトで照らしてくれる超品です。

こちらを追加する事で、後席足元にもブルーのライトが付く為採用しました!

物を落とした時などに非常に重宝します!

◆リバース連動ミラー 24,200円

リバース連動ミラーは、バックにシフトを入れた時に左側のミラーが合わした角度まで下がり、白線を見えやすくしてくれる商品です。

こちらを追加する事で、駐車が非常にし易くなるのでオススメです!

◆盗難防止付きナンバーフレームセット 6,710円

ナンバーフレームはあった方が、見た目がいいのでいつも採用しています。

盗難防止はどちらでもいいと思います!

◆TRDエアロセット 合計235,120円

・TRD フロントバンパーガーニッシュ(ICS) 89,100円

・TRD フロントロアガーニッシュ 47,300円

・TRD ドアハンドルプロテクター(前後2セット)15,620円

・TRD バックドアガーニッシュ 36,300円

・TRD マットフラップ(赤) 46,800円

以上が私が選んだディーラーオプションとなります。

ディーラーオプションの合計が290,230円です。

RAV4アドベンチャーの車両本体価格とオプションの総額を公開!

今回私が購入したRAV4アドベンチャーの総額を紹介します。

車両本体価格    :3,195、500円

諸経費       :  211,200円

メーカーオプション :  282,700円

ディーラーオプション:  290,230円

合計が3,979、630円となりました。

RAV4にオススメの外装カスタムを紹介します!

RAV4にオススメの外装カスタムを紹介します!

※工賃は除外し商品代のみの記載とさせて頂きます。

◆USトヨタランニングボード 79,800円

RAV4には、元々サイドステップが付いていない為、乗り降りが出来るUSトヨタ純正品のランニングボードを輸入し取り付けました!

見た目良し!実用性良しのオススメ商品です!

◆Taco Vinyl製グリルバッチ 9,287円

大人気のグリルババッチをアメリカのTaco Vinyl社から個人輸入して取り付けました。

TRDのグリルバッチは付けている人も少なく、オシャレなのでお気に入りです!

送料は少し高いですが、フロントマスクがオシャレになりますよ!

◆fcl .カラーチェンジLEDバルブ 9,800円

RAV4のフォグランプはハロゲン球を使用している為、LEDに変更すると同時に2色に変更出来るフォグランプを取り付けました。

イエローは雨の日白線が見えやすくなる為、安全に走行ができます!

◆3Mカーラッピング 8万円

人と被りたくない!そんな方にはワンポイントラッピングがオススメです。

フルラッピングとなると100万円前後するカーラッピングですが、ワンポイントだと、数千円から施工できます!

私もRAV4のワンポイントラッピングでオシャレになりました♪

◆TRD ヘッドライトステッカー 2,900円

TRDのステッカーは、デザインもカッコよく赤のロゴがアクセントになって非常にオシャレです!

◆シェアスタイルLEDウェルカムランプ 1,130円

ウェルカムライトは鍵を持って車に近づいた時に、ミラー下にあるライトが足元を照らしてくれる機能です。

RAV4に純正でウェルカムランプは付いていますが、光量も少なく色もオレンジでオシャレではありません。

シェアスタイルのLEDウェルカムランプに変更する事で、光量も多くなり明るく、ブルーのライトがオシャレに演出してくれます。

◆純正ミラーカバー色交換 6,000円

RAV4のミラーカバーは、車体と同色となっている為、なんか締まりがありません。

カーラッピングや社外のミラーカバーを検討しましたが、RAV4は元々カラーバリエーションが豊富な為、純正の他色のミラーカバーを移植し、締まりのある見た目に変身させました!

◆オフロードパッケージエンブレム 1,700円

2020年に発表された、RAV4特別仕様車オフロードパッケージの純正エンブレムをRAV4アドベンチャーに取り付けました!

リアがすごくカッコ良くなりますよ!

◆fcl.LEDバックランプT 15/T 16 5,760円

RAV4のバックランプはハロゲン球の為、光量も少なく夜間駐車する時に見にくいです。

fcl.のLEDバックランプはハイパワーなので非常に明るく、夜間駐車時に安全に駐車する事が出来ますのでオススメです!

◆fcl.ウインカーLEDバルブ 5,382円×②

https://masakae.com/%e3%80%90rav4%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0%e3%80%91rav4%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%97%e3%82%92fcl-%e3%81%ae%e3%82%a6/

RAV4のランプ類をLED化してきましたが、忘れてはいけないのが『ウインカー』です。

特に、絶対必要かと言われれば必要ではありません。

完全に自己満です 笑

LEDに変更する事で、視認性がUPし見た目のスッキリしますのでオススメです!

◆シャアスタイル シーケンシャルミラーウインカー 9,310円

シェアスタイルのシーケンシャルミラーウインカーは、めちゃくちゃカッコいいです!

施工は少し難易度が高いですが、満足度も高いです!

製品も純正品と間違う位、精度が高く見た目もスモーク掛かったライトが引き締まった印象を与えてくれます!

RAV4外装カスタムの総額を公開します!

2020年に外装をカスタムした総額は一体いくらになったのか?

総額は、216,451円です。※工賃は含まれておりません。

外装のカスタムは、小物から進めて行った為、総額はそこまでかかりませんでした。

これから先に、ホイール、タイヤ、リフトアップ、ルーフラック、マフラーなど大物が残っているので、まだまだ完成は先になりそうです。

ちなみに、カスタムは小遣いから行っている為、大物に手を出す事がなかなか出来ません。。。

小遣いを貯めて、外装は大物カスタムをしていこうと思います!

RAV4にオススメの内装カスタムを紹介!

RAV4にオススメの内装カスタムを紹介します。

※工賃は除外し商品代のみの記載とさせて頂きますが一部工賃が含まれる商品もあります。

◆FJCRAF製フロアマット 10,980円

FJCRAF製のフロアマットは、細かな所までしっかり保護してくれて、品質に関しても純正品と比較しても遜色ありません。

それなのに、値段は純正品の半額以下とコスパ最高です!

値引き交渉を粘るより、フロアマットを変えた方が楽にコストダウン出来ます!

◆USスカッフプレート 26,600円

USトヨタ純正品のスカッフプレートです。

国内でもモデリスタなどスカッフプレートは販売されていますが、どれもスタイリッシュなものが多いです。

価格に関しても高めです。

USトヨタ純正品のスカッフプレートは、無骨な見た目なのでアドベンチャーにピッタリ合います!

価格もリーズナブルな点もGOODです!

◆カーセキュリティGrgo-ZVT 220,000円

盗難対策として、私がいつも愛用しているGrgo(ゴルゴ)は様々な方法で愛車を守ってくれます。

価格は高価ですが、実力はお値段以上です!

専用のインジケーターもオシャレで、キーの解除音も多数用意されておりカスタム性も兼ね備えています!

◆サイバーナビAVIC -CQ910-DC 230,000円

RAV4のお供に選んだナビは、カロッツェリアサイバーナビAVIC -CQ910-DCです。

こちらのモデルは、ナビに付属のドコモ専用モジュールを接続する事で、車の中が月額たった1,000円で無制限のWi-Fi環境になります。

スマートフォン、タブレット、ゲーム機などを接続して通信料金を気にせず楽しんだり出来ます。

ナビ本体には、YouTubeが内蔵されている為、ナビだけで無制限でYouTubeを楽しむ事が出来ます

◆カロッツェリアリアモニターTVMーPW1000T※2台 124,000円

サイバーナビは、YouTubeやAmazon primeビデオをナビで楽しむ事が出来ます!

リアモニターを追加する事でより快適に楽しむ事が出来ます!

10インチの大型リアモニターで迫力ある映像が体験出来るので、車から出たくなくなりますよ 笑

◆シェアスタイルLEDルームランプセット 4,032円

RAV4のルームランプはハロゲン球を使用していますので、あまり明るくありません。

しかし、ホワイトのライトは眩しいという方にオススメなのが、シェアスタイルが販売しているLEDルームランプセットです。

こちらの商品は、ホワイト色の他にゴールド色のラインナップがある為、ハロゲンに近い優しい色合いが選べます。

明るさを確保しながら目にも優しくオススメです!

◆シェアスタイルラゲッジライト 5,206円

夜間の作業やアウトドア用にシェアスタイルのラゲッジランプを増設しました。

取り付けは少し大変でしたが、すごく明るくて夜間のカスタムがし易くなりました!

◆レーダー探知機ZERO807LV 48,800円

コムテックが販売しているレーダー探知機ZERO807LVは、速度超過した際の警告や、事故多発エリアを教えてくれたり安全に運転する為に必要な情報を教えてくれます。

更新もPCなどに接続する必要もなく、Wi-Fiで更新が出来る為、非常に使い勝手がいいです!

※Wi-Fi更新には、別途Wi-Fiカードが必要です。

◆ドコモドライバーズサポート&ドコモドライブレコーダーDDR01  48,950円

携帯会社のドコモから2020年11月に発売された、ドコモドライバーズサポート&ドコモドライブレコーダーDDR 01です。

こちらのドライブレコーダーには、eSIMが内蔵されておりドコモの4G回線を利用して様々な新機能が搭載されています。

専用のアプリケーションをスマートフォンにダウンロードすれば、いつでも愛車の位置情報を確認する事が出来ます。

ドライブレコーダー本体についている緊急録画ボタンを押せば、60秒間の映像を録画し、すぐにスマートフォンに転送してくれます。

運転サポート機能として、『急アクセル』『急ハンドル』『急ブレーキ』等を記録し、運転傾向をドライバーにお知らせしてくれます。

新機能がたくさん搭載された、ドコモドライバーズサポートは非常におすすめです!

◆スマホホルダー 4,500円

こちらのスマホホルダーは無印(メーカーなし)ですが、ワイヤレスに対応しており高性能です!

センサーでスマホを感知し電動で留め具が開閉します!

◆フロントドアデットニング 135,000円

RAV4の音質改善として、カスタムショップでフロントドアをデットニングしてもらいました。

音質も劇的に改善し、外部音も遮断してくれるので音楽を最大限楽しむ事が出来ます!

◆BLAM Signature Multix 2wayスピーカー 340,000円

ハイエンドスピーカーBLAMの最上位スピーカーを取り付けました。

音質は、目の前で歌ってくれている様に錯覚するほど高音質です!

今回は2way(2スピーカー)での施工の為、最上級とまではいきませんが、十分満足出来る音質です!

価格は、、、、高いですね💦

しかし、値段の高さを感じない満足度です!

◆BLAMサブウーハー RELAX MSA25 65,000円

BLAMのサブウーハーは非常にコンパクトです。

助手席のシート下にも収まりますので、車内で場所を取りません!

コンパクトなのに、非常にパワフルです!

超低音がしっかり鳴ってくれるので、臨場感ある音楽や動画を楽しむ事が出来ます!

◆BLAMスピーカー用 エンクロージャー作成 385,000円

折角いいスピーカーを取り付けたらな、最高のパフォーマンスを発揮して欲しいですよね!

スピーカーのパフォーマンスを最大限発揮する為には、エンクロージャー(スピーカーを入れる箱)が重要です。

RAV4のドアにワンオフでスピーカーBOXを作成しました!

それに合わせて、外装もオシャレにカスタムし非常にカッコよく仕上がりました!

勿論、音質も申し分ありません!

◆運転席・助手席パワーウインドウスイッチイルミネーション化 23,491円

RAV4の運転席・助手席のスイッチは、イルミネーションがないタイプが純正で付いています。

夜間走行時にスイッチの位置が分からず非常に不便です。

トヨタ別車種のスイッチを流用する事でイルミネーション化が出来ます!

ディーラーのメカニックの方に協力頂き、純正の様に夜間のみの点灯にする事が出来、一番の拘り&オススメポイントです!

◆セカンドステージスイッチパネル 32,450円

セカンドステージのドアスイッチパネルを取り付けてると、高級感がUPしますのでオススメです。

取り付けも正面テープで貼り付けるだけなので、非常に簡単です!

◆SEVENSEAS製インテリアパネル 14,480円

SEVENSEAS製インテリアパネルは、ステンレス製で高級感があります。

フィッティングもバッチリで、取り付けも貼り付けるだけなので非常に簡単です!

インテリアパネルを見た人は、RAV4って高級感あっていいね!と褒めてくれるほどです!

◆BUYFULL製おくだけ充電器 9,999円

RAV4を購入する時におくだけ充電を付けるか悩んだんですが、結局付けませんでした。

しかし、最近のスマホはワイヤレス充電が対応になっている物も多く、ケーブルだと見た目も良くないので、後付けで付けました!

充電速度も問題なく、ブルーのLEDライトが車内をオシャレに演出してくれます!

◆Mixsuperドアハンドルイルミネーション 6,999円

RAV4の車内をイルミネーション化する時にオススメなのが、ドアハンドルのイルミネーションです!

さり気ないブルーのライトが車内をオシャレに演出してくれます!

娘も、『すごく綺麗〜♪』と大喜びです!

◆BUYFULL製KEDライトバー 6,080円

RAV4アドベンチャーグレードは、イルミネーションライトが純正では付いてきません。

また、オプションでも選択出来ない為、BUYFULL製のLEDライトを追加しました!

車内が明るくなり、見た目も非常にオシャレになります!

夜間のみの点灯施工と電源や配線を隠蔽した所が拘りポイントです!

◆LFOTPP製センターコンソールトレイ 970円

RAV4は小物入れが少し少ない為、センターコンソールBOXにLFOTPP製の小物入れを取り付けました。

フィッティングもバッチリで、スマホ、小物、小銭など沢山の物が置ける為、使い勝手が非常に良くなります!

RAV4内装カスタムの総額を公開します!

RAV4の内装は、音質、見た目、実用性などかなり拘ってカスタムしました!

音質系はまだまだこれからですが、それ以外の所はほぼ完成させる事が出来ました。

気になる総額ですが、、、、、、

なんと!!1,737,331円も掛かっていました!

ナビやリアモニターを別で付けたので高額になっている所もありますが、正直やり過ぎですね💦

しかし、音質も非常にいい感じに仕上がり毎日の通勤やドライブが楽しくなりましたし、見た目の自分好みに仕上げる事が出来ました!

また、セキュリティー面や実用性は申し分ありません!

金額はかかりましたが、唯一無二のRAV4が作れたので満足しています!

今後は、少しづつオーディオを弄っていこうと思います!

RAV4のカスタム総額を公開します!

RAV4アドベンチャーのカスタムの総額を公開します!

メーカーオプション :  282,700円

ディーラーオプション:  290,230円

外装カスタム    :  216,451円

内装カスタム    : 1,742,537円

カスタム合計    : 2,526,712円

カスタム合計金額は、2,531,918円となりました。

車両代をプラスすると、5,938,618円です。

ランドクルーザープラド買えたな。。。。

プラドは買えませんでしたが、自分でカスタムしたRAV4は愛着があります!

これからも大事にしていきたいと思います!

まとめ

RAV4を購入してから、沢山のカスタムに挑戦してきました。

今までは、車を1年以内に乗り換えてきましたが、カスタムしたRAV4は手放したくない程、愛着が湧きました。

新しい車に乗り換えもいいですが、1台の車を自分好みにカスタムしていく事も違った楽しみや喜びがあっていいと思います!

もっと愛着が沸く様により自分好みのカスタムに挑戦して行こうと思います。

カスタムに関しても少しでも、皆さんの参考になれば幸いです☺️